住まいのリフォーム

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、磁力線の働きにより鍋自体を発熱させ、熱のみで調理ができる画期的なシステムです。 

周囲の温度上昇があまりないので、夏場でも快適にお料理を楽しむことができます。 

火を使わないので、吹きこぼれによる立ち消えも心配いりません! 

安全機能を使えば、お子様からお年寄りまで安心してお使いいただけます。 

お掃除もサッと一拭きでカンタンなので、奥様にとっても嬉しいシステムですね。

エコキュート

空気の熱を利用して効率的にお湯を沸かします。

深夜電力を使用するので、とっても経済的。

大気熱を利用するため二酸化炭素の排出量を抑えられ、排気もないので地球環境にも優しいクリーンな給湯器です。

給湯にかかる光熱費は、ガスと比較すると約5分の1に節約できます。

エコキュートに関しましては補助金が出ます。詳しくは当社までお問い合わせ下さい!

床暖房

床暖房には、電気床暖房と温水式床暖房が有り、電気床暖房が今は主流になっています。 

床暖房は床面から暖めるため、エアコンやストーブのように部屋の中に温度の差ができにくく、温風が体に当たったりなどの不快感もありません。 

家の間取りや家族構成、ライフスタイルに応じて自由にコーディネートすることができます。

日差しのような暖かさが、家族みんなに快適と笑顔を運びます。

キッチンリフォーム

キッチンは、家族の食事を作るスペースであり、毎日使う大切な場所です。 

最近のシステムキッチンは、デザイン面が優れていることもさることながら、お手入れや掃除のしやすさ、収納の工夫が各所に見られることが大きな傾向となっています。

ムダな空間を収納スペースへ。

御家族にあった快適なキッチン空間を提案します。 

トイレリフォーム

「タンクレスタイプ」や「コンパクトタイプ」

最近のトイレは、さまざまなタイプをお選びいただけます。 

また、便器の形状を工夫したり、表面に特別な加工を施すなど、掃除がラクチンなトイレもご提案しております。

 最新型のトイレにリフォームし、いつまでも衛生的できれいに使っていたいトイレにしませんか? 

バスリフォーム

最近では、浴槽の形状のバリエーションはとても豊富です。

■ゆったりと身体を伸ばせる工夫がされていたり
■半身浴ができるように座れる部分を設けたり
■できる限り広い浴槽内を実現するために斜めになっていたり
■縁に腰掛けられるようになっていたり

バリアフリー対策として、段差を出来るだけ少なくしたり手すりをつけることも可能です。
注目を集めているのが断熱効果を高めた浴槽。

湯温が低下しにくいので、入浴時間がバラバラな家庭でも追い炊き機能を使うことが少なくなり経済的でしょう。  

内装リフォーム

毎日見ているクロスの汚れ、結構わからないものです。

貼り替え前と後を比べてみれば一目瞭然。

タバコを吸うお部屋や台所はヤニ・油等で汚れています。
クロスを貼り替えるだけで、お部屋も目に見えて明るくなります。

また、オーダーカーテンの特徴といえば窓のサイズに合わせてお作りできることですが、ただ生地を選べてサイズがピッタリなだけではありません。

選べる商品アイテム数、生地やお仕立てのクオリティなどお値段以上の満足感をご提供しています。

クロス張替え 詳しくはこちら

エクステリア

限られた空間の中で、その家・その家族にマッチした個性あるオシャレな空間、エクステリアのご提案を心がけております。

門まわりやカーポート、ポストや表札、ウッドデッキまで。

まずは一度ご相談ください。

洗面所リフォーム

洗面所は、顔を洗ったりするだけでなく洗濯や脱衣所としても使い、
最近では洗面化粧台でお化粧をする人も増えています。

我が家の洗面所の使い方を見直して、まず最適な設備を選ぶことが大切です。

屋根リフォーム

屋根は、住まいの中で最も雨風にさらされる場所です。
ズレやヒビ割れなどがあると雨漏りの原因になります。
普段見えにくいからこそ、定期的なチェック、メンテナンスが必要です。

屋根リフォームの方法

<塗り替え>
彩色スレートやトタン屋根などの表面塗装を塗り直す方法。
屋根材も下地材もあまり傷んでいない場合に行います。
塗装の種類で耐久性が異なります。

<重ね葺き>
彩色スレートなどの屋根材で、屋根材は傷んでいるが下地材はしっかりしている場合に、
軽量の金属屋根材などを既存の屋根に重ね張りする方法です。

<葺き替え>
屋根材の傷みが激しい場合に、既存屋根材を撤去して新しい屋根材を葺きます。
下地のやり直しも含めて検討いたします。


外壁リフォーム

外壁材はモルタルに代表される湿式工法と、サイディングなどの乾式工法があります。
素材や立地条件で点検時期は異なりますが、3~5年おきに汚れ、カビ、色褪せ、色落ち、反りなどをチェックしましょう。

外壁リフォームの方法

<塗り替え>
モルタルやサイディングなど塗装が必要な外壁材を塗り直す方法。

<重ね張り>
既存の壁材の上に新しい外壁材を張り増しする方法。廃材が少ないので、環境にやさしく経済的です。

<張り替え>
既存の壁材を撤去して新しい外壁材に張り替える方法。下地から外壁を一新できます。

     作業シート

完成致しました。

 外壁リフォーム等で使用いたします。

  

お問い合わせ
お問い合わせ
リフォームへの取り組み
中古住宅のリノベーション
タクミのスタッフブログ
石州瓦工業組合
補助金情報
JIOリフォームかし保険